泡多長ビアカップ

<缶ビール/瓶ビール>を美味しく飲む為に作られた
九谷和窯(なごみがま)特製の手作りビアカップ

九谷和窯でのビアカップロクロ曳き映像(youtube)別ウィンドウ
音声はロクロの音が大きいのでカットしています。
(1)特別ブレンドされた土からおおまかな形に成形します。
(2)ロクロ成形したものを規定値に削っていきます。
(3)完成したものを充分乾燥させて素焼き窯、染め付けおよび釉薬を付けて本窯で焼成します。
(4)銀彩などの上絵はこの後職人さんが上絵付けをします。

「泡多長ビアカップ」はベーシックの形状と数多くのデザインを取り揃えています。
コンセプトは「泡も美味しい、持ちやすい、飲みやすい」です。
スタンダード(M)250cc ラージ(L)350cc ゴブレット その他(250~300cc)

↓↓↓泡からおいしく飲む、ちょっと贅沢なビアカップです。↓↓↓

「缶ビール専用ビアカップ」って?


ひと手間かけて
「泡まで美味しい注ぎ方
(お試し編)」

を是非お試し下さい!


「缶ビールを如何に美味しく飲むか」を弊社と九谷和窯の坂井さんとで真剣に考えて作ったのがこの
「泡多長ビアカップ」です!!
構想から商品化まで10年!の歳月を要しています。

実は、<缶ビール/瓶ビール>の炭酸圧はお店の生ビールよりも高圧に設定されているのです。

缶に口をつけてそのまま飲むと、全くその通りと感じる方、そう言われてみればと感じる方等・・・感じ方の違いはありますが、確かに炭酸が強いとお感じになることでしょう。

だからこそ、ビールの味の決め手となる

泡(あわ)が
重要なんです。


ココでちょっと楽しい川柳をご紹介

・「立ちが くて嬉しい 時間」
・「おいしそう 泡だけほしいと 強請られる」



九谷和窯のビアカップ良い理由
1.きめ細かい(クリーミーな)泡とその「泡多長キープ構造」(泡を長時間保たせる為の製造技術)
2.すっきりとキレのある後味
3.持続力のある保冷効果
さらに、
4.扱い易く、シンプルな形状と絵柄
5.手作りならではの、使うほどに増す深い味わいと愛着感

他で安くあるビアカップと何が違うの?
値段が安くても同じものがあるじゃないかと思うかも知れませんが、違いは粘土と製造工程にあります。当店でもいろいろ試したところ、やっぱり泡のたちが違う!そして、そのなかなか消えない泡の持続力は驚異です。 安くあるものの多くは「量産用」粘土で型を使っているものだから、内側のざらざらした部分がつぶれてしまっているんです。


 機能性はもちろん「扱い易さ」、使い続けても飽きのこない「シンプル(な形状・絵柄!)is best!」にもとことん拘った手作りビアカップです。
 ろくろで作った形状は使い続けるほど手によく馴染み、愛着のある器となります。

・キンキンに冷やした器で一段と美味しさがアップします
・ジュース、炭酸飲料、お茶、焼酎などの各種ドリンク類でも十分お使い頂けます。

 <ご参考までに>この手作りビアカップは非常に泡立ちが良く、一気に注ぎ入れることは難しいかと思います。
そこでひと手間かけて「美味しいビールの注ぎ方」を是非お試し下さい!
ご意見・ご感想等ございましたら、お気軽にメールにてお寄せ下さい

※このページのコメントは事実を基にしておりますが、味に関する賛否両論はあるかと思います。味覚表現等につきましては[作者(ビール党)の主観]という部分も少なからず含まれております事をご理解の上、ご購入の程宜しくお願い致します。

興味を持たれた方は是非一度お試し下さい。

ザラザラした肌触り
この内側の程良いザラザラがクリーミーな泡を作る
「泡多長ブレンド粘土」
信頼の証「九谷和(なごみ)」の
裏印と刻印


「泡多長ビアカップ」はベーシックの形状と数多くのデザインを取り揃えています。
コンセプトは「泡も美味しい、持ちやすい、飲みやすい」です。
スタンダード(M)250cc ラージ(L)350cc ゴブレット その他(250~300cc)




This article comes from 九谷なごみ   http://kutani.co.jp
The URL for this story is:   http://kutani.co.jp/modules/content3/index.php?id=3