|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

再興九谷 民山窯

文政5年〜弘化元年(1822〜1844)

加賀藩士武田秀平が春日山窯の廃窯を惜しみ、文政5年に民山窯をひらきました。秀平の陶号である「民山」 という銘を製品にもちいていることからこの名がついたといわれています。本窯には若杉窯から本多貞吉の 高弟の山上松二郎を招いて素地生産にあたらせ、秀平自邸内に錦窯を築いて上絵付けをおこなっています。

越中屋平吉のもとで、任田屋徳右衛門や鍋屋吉兵衛らを画工にあてています。民山窯は秀平が没する弘化元年まで 22年間続き、廃窯となりました。製品として、主に煎茶器や酒器などが作られました。

素地には淡い赤褐色の磁胎で、全体に粗い貫入が見られます。そのなかでも、赤で細文を描き、金彩を加える手法は 民山窯で開発され、宮本屋窯の八郎手に受け継がれていきます。


前のページ
再興九谷 春日山窯
コンテンツのトップ 次のページ
再興九谷 若杉窯