|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

山近剛 陶歴

   陶    歴

一、昭和二十二年 石川県立小松中学校卒業 同年金沢美専入学
一、昭和二十五年 第六回現代美術展に「木蓮の図」飾皿初入選 以後十数回出品入選する
一、昭和二十五年 新匠工芸展初入選
一、昭和二十六年 金沢美術工芸専門学校(現、美大)陶磁科卒業 この間、北出塔次郎先生に師事する
一、昭和二十七年 東陶会入選
一、昭和四十二年 一水会陶芸部初入選  以後四十六年迄連続出品入選する
一、昭和四十七年 創造美術会が陶芸部新設に当り創立委員となる 以後運営委員として今日に至る
一、昭和四十七年 創造展にて「二十五回記念賞」を受賞する
一、昭和五十一年 第二十九回創造展に「北華賞」を受賞する
一、昭和五十一年 新宿小田急にて個展を開く(以後二回開催)
一、昭和五十四年 創造美術会陶芸部審査員に推挙される
一、昭和五十四年 九谷焼上絵研究グループ『研山会』を結成し、研究作品の発表会を毎年開き現在に至る
一、昭和五十九年 第三十七回創造展にて「文部大臣奨励賞」を受賞する
一、平成元年 寺井町美術作家協会理事長就任(四年迄)
一、平成五年 創造美術会陶芸部長就任
一、平成五年 銀座松屋にて個展
一、平成八年 石川県陶芸協会常任理事就任(十二年迄)
一、平成九年 寺井町文化賞受賞
一、平成十年 東京日本橋高島屋にて個展
           創造美術会会長就任(十三年迄)
一、平成十四年 銀座松屋にて個展
         作陶五十年回顧展を九谷焼資料館で開く