|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

高田伝一郎 陶歴

昭和四年三月   石川県立工業学校陶画科修
昭和十三年五月  工芸奨励展入選
昭和十四年二月  商工省工芸展入選
昭和十四年五月  工芸奨励展に〃茂り行くくさむら飾皿〃受賞
昭和十四年六月  日本陶芸展入選
昭和十五年六月  商工省貿易局工芸品輸出振興展受賞
昭和十五年十月  文部省美術展(奉祝文展入選)
昭和十六年五月  北信工芸展受賞
昭和十六年六月  商工省貿易局工芸品輸出振興展受賞
昭和十七年四月  第十七回国展入選         一
昭和十七年五月  大阪市美術展に於いて大坂毎日新聞社賞受賞
同年同月        京都市美術展入選
同年十月        日本輸出工芸展に於いて入選作が
                高松宮殿下
                三笠宮殿下
                北白川宮殿下
                朝香宮殿下
                各宮家の御覧の栄を得、卸買上の栄を浴し更に追加卸注文却買上の光栄を受く
昭和十八年四月  第十八回国展入選
昭和二十年十月  現代美術展受賞
昭和二十一年二月 第一回日展入選
同年十月         第二回日展入選
昭和二十二年  椿図大飾皿日展入選作がマックアーサー元師揮下の米軍より大量注文を受サ完納す
昭和二十二年十月 第三回日展入選
昭和二十二年十月二十八日
         今上陛下北陸路に行幸のみぎり製作品天覧ならびに実技を聖覧
         に供し奉るの光栄に浴す
昭和二十三年   新匠工芸展入選
昭和二十三年十月 第四回〃日展〃此の年不出品問題起り其の制約に殉じて不出品
昭和二十三年   小松市板津中学校に美と陶芸九谷略史を講ず
昭和二十四年   東京都美術館に於ける現代総合美術展に於いて招待出品
昭和二十四年七月 芸術陶磁器第一部認定作家の指定を受く
昭和二十四年   新匠工芸展入選
昭和二十四年十月 第五回日展入選
昭和二十五年六月 東京都美術舘に開催の東陶会全国陶芸展に於いて東陶会賞受賞
昭和二十五年七月 第六回現代美術展に於いて翌年度展招待出品(無鑑査)の待遇
         を受け審査員侯補の資格を受く
昭和二十五年十月 第六回日展入選
昭和二十五年十一月 青彩会第一回美術工芸展に審査員に推挙さる
昭和二十七年十月 第八回日展入選
昭和三十日年四月 朝日新聞社主催現代日本陶芸展入選
昭和三十一年十月 第十二回日展入選
昭和三十三年四月 朝日新聞社主催現代日本陶芸展入選
昭和三十八年十一月三日 郷土文化賞受賞
昭和三十九年十月 第七回新日展入選
昭和四十年九月  第三回朝日陶芸展入選
昭和四十二年十月 第十回新日展入選
昭和四十五年十月 第二回(改組)日展入選
昭和四十六年八月三日 三笠宮殿下製作実技を卸供覧の光栄に浴す
昭和四十七年四月 第十一回日本現代工芸美術展入選
昭和四十七年九月 十周年記念朝日陶芸展入選
昭和四十八年四月 第十二回日本現代工芸美術展入選
昭和四十八年   第二十九回現代美術展審査員
昭和四十九年四月 第十三回日本現代工芸美術展入選
昭和五十年十月  第七回(改組)日展入選
昭和五十一年三月 帝一回石川県工芸作家選抜美術展委嘱出品
昭和五十二年三月 第二回石川県工芸作家選抜美術展委嘱出品
昭和五十二年十月 第九回(改組)日展入選
昭和五十三年三月 第十七回日本現代工芸美術展入選
昭和五十三年三月 第三回石川県工芸作家選抜美術展委嘱出品
昭和五十三年四月 第三十四回現代美術展審査員
昭和五十三年十月 第十回(改組)日展入選
昭和五十四年二月 個人展主催
昭和五十四年三月 第十八回日本現代工芸美術展会員出品
昭和五十四年四月 第四回石川県工芸作家選抜美術展委嘱出品
昭和五十四年十月 第十一回(改組)日展入選
昭和五十五年三月 第十九回日本現代工芸美術展会員出品
昭和五十五年四月 第五回石川県工芸作家選抜美術展委嘱出品