|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

高田忠則 陶歴

  昭和二十四年  石川県寺井町に生まれる
  昭和四十三年   高校卒業後地元九谷焼を志し、寺井在住の実兄、武腰敏昭(日展評議員作家)に弟子入り、青九谷釉薬、上絵付、造形等の技術指導を受ける
  昭和四十六年  石川県特産産業技能研修生に推選される
          石川県現代美術展に初出品 初入選し、以来毎年入選受賞4回
  昭和四十七年  第十一回日本現代工芸展に出品し入選 以来入選六回
          第四回日展に初出品、初入選し以来毎年入選二十八回
  昭和五十年  日本現代工芸展 会友に推挙さる
          第三回中日国際陶芸展に初出品し、準大賞の東海
          テレビ賞受賞 その他奨励賞受賞二回
          奨励賞作がイタリア、フェンツェア展に招待出品二回
  昭和五十四年  日本新工芸家連盟に入会
          第一回日本新工芸展入選 以来入選二回
  昭和五十六年  日本新工家連盟の会員に推挙さる
          第三回日本新工芸展 以来会員無鑑査出品
  昭和五十七年  日展の会友に推挙さる
          第十四回日展以来会友出品
  昭和六十三年  第四十四回石川県現代美術展において最高賞受賞
  平成元年  石川県現代美術展無鑑査出品
          工芸美術北陸会展に工芸美術賞受賞
  平成二年  第四十六回石川県現代美術展審査員に就任 以来三回
          審査員
          日本工匠会(日工会)会員に推挙さる
  平成三年  第一回日工会展以来会員無鑑査出品
  平成六年  第四回日工会展において日工会会員賞受賞
  平成八年  第六回日工会展において高島屋社長賞・企画展示特別賞受賞
  平成十二年  日工会展審査員に就任
  
                  
                          日展会友
               日本工匠会評議員
                              高田忠則