|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

高聡文 陶歴

              私の陶

窯出の感動に出会うとき、私のメッセージは作品に流れ込みます。
健やかに大らかに自然に溶け込み土を媒介として、自分自身も虚無の世界へと溶け込ませる。
生涯無限の感動に出会い、作品を通して無限のメッセージをお伝えできればと思って居ります
                        高聡文

昭和三十七年 二代目光崖の長男として生まれる。
         名工初代光崖に極微細金襴手を学ぶ
昭和六十一年 大阪芸大を経て九谷技術研究所
         北出不二雄先生、武腰 潤先生に師事
昭和六十二年 日本新工芸展 初出品初入選 以後連続入選
         日展 初出品初入選 以後8回入選
平成元年   伝統九谷展 入選 以後連続入選
         現代九谷展 入選 以後連続入選
平成二年   九谷デザインコンペ 優秀賞
平成五年   千葉平成ギャラリーにて個展
平成六年   千葉そごうにて個展
平成七年   現代美術展 北国賞受賞
平成十五年  日本新工芸展 審査員
平成十七年  日本新工芸家連盟退会
         第67回一水会陶芸部初出品 硲記念賞受賞
平成十九、二十年 第69回一水会陶芸部展 佳作賞受賞



H8、11、14、16 日本橋三越個展
H15、17      銀座和光個展
H15、17、20   丸の内パレスホテル遊個展

                   光崖陶房
                             高聡文