|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

宮田耕二 陶歴

1924 6人弟妹の長男として生まれる。
       16才のとき、北陸美術展に初入選。
       27才のとき日展に初人選。
       翌年、二紀展に初入選。
       翌々年、形象派美術協会の創立に参加し、以後17年間、形象派会員として出品をつづける。
       創作上の問題で形象派を退会する。
       現在、日本美術会会員、毎年のアンデバンダン展に出品。
1960 金沢市大和デパートで最初の個展を開き、以後同会場で4回開催。
1969 金沢市犀川画廊で個展開催。
1970 東京、サエグサ画廊で個展開催。
1972 秋、シベリアへ写生旅行。
1973 スペイン、フランスへ写生旅行。
       大阪カワチ画廊で個展。
1975 東京、養清堂画廊で個展。
1976 東京、あかつき画廊で個展。
       秋、ソ連領中央アジア(シルクロード)へ写生旅行。
1977 浦和市、画廊“道で宮田耕二、矢野明雄二人展
       東京、あかつき画廊でシべリヤ・シルクロード展。
1978 郡山市、東苑現代美術館で個展
1979 秋田市、彩画堂ギャラリーで個展。
       金沢、、プラザ・樹で個展。
1980 寺什町福祉会館で個展。
       えほん風土記(いしかわ)岩崎書店より発刊。
1981 モンゴル(旧外蒙古)へ写生旅行、東京、檜画廊で個展。
1982 大阪、上本町ギャラリーで個展、金沢市、ギャラリーひろたで個展、中国の桂林・広州へ写生旅行。
1983 中国の蘇州、上海へ写生旅行、名古屋、永楽堂画廊で個展、金沢市、プラザ樹で中国スケッチ展、同じく三人展(八木義之介、山本明良、宮川耕二)秋田市、彩画堂ギャラリーで個展。
1984 宮田耕二水彩画集を出版、寺井町福祉会館、東京、檜画廊で画集出版記念展を開催。
       辰口町博物館で、宮田耕二作品展(初期から現在まで)を開催、富山県民会館で個展。
1985 東京、みずさわ画廊で個展。


   日本美術会々員
 
     宮田耕二