|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

宮川哲爾 陶歴

昭和20年より 松本佐吉氏に入門、その後、祖父初代英吉二代永福の陶技を継ぎ、色絵、染付、鉄絵 などの研究、制作を続ける。
昭和 25・27年 日展入選
昭和 40年代  小山冨士夫氏に東洋陶磁を、才田健次氏に文様史を、岩谷宗巖氏に茶道を習う
昭和42年   田村耕一氏に師事、主としてデザインを習う
昭和38年   石川伝統工芸展入選、以後優秀賞3回奨励賞2回受賞、現在特待出品
昭和42年   日本伝統工芸展入選、以後30回以上入選を続ける
昭和52年   第1回石川伝統九谷焼工芸展 大賞
昭和53年      〃         優秀賞
昭和58年   通産省より伝統工芸士に認定
昭和63年   石川県指定無形文化財認定者となる
平成7年    小松市文化賞受賞
平成10年   石川県文化功労賞
       日本工芸会正会員,
       県文化財九谷焼技術保存会々員
       石川県立九谷焼技術研修所講師
       茶道微妙会代表

                        宮川哲爾