|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

吉田荘八 陶歴

昭和 五 年 九谷焼の中心 石川県小松市若杉町に生る
  二十一年 故北出塔次郎に師事する
  二十六年 日展「更紗文陶筥」初入選
  四十一年 日本現代工芸展「縞」初入選
  四十八年 日展「スターダスト」特選受賞
  四十九年 日展「夕映」無監査出品
  五十年  日本現代工芸展「核」現代工芸賞、読売新聞社賞受賞
  五十二年 箱根彫刻の森美術館主催、明日をひらく日本の現代工芸展「象」出品以後毎年出品す
  五十三年 日本新工芸家連盟発会に伴い同連盟評議負に推挙される
  五十七年 石川県工芸作家選抜展「相鳥陶匣」石川県美術館買上げとなる
  五十九年 石川県立九谷焼技術研修所講師に就任す
  六十二年 石川県伝統九谷焼工芸展「樹光鳥語花器」大賞受賞
       石川県美術館買上げとなる
  六十二年 日本新工芸展「青謐」全日空賞受賞
  六十三年 石川県伝統九谷焼工芸展「色絵星晨春秋方器」大賞受賞
       石川県美術館買上げとなる
平成 一 年 日本新工芸展 会員賞受賞
   二 年 石川県現代美術展 委嘱賞受賞
   三 年 石川県伝統九谷焼工芸展 優秀賞受賞
   四 年 石川県伝統九谷焼工芸展 優秀賞受賞
   四 年 石川県無形文化財資格保持者の認定を受く

石川県現代美術展 審査員 四回
日本新工芸展 審査員 四回

石川県指定無形文化財
石川県立九谷焼技術研修所講師

吉田荘八