|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

梶本与太郎 陶歴

明治32年(1899年)石川県寺井野村に生まれる
陶匠 沢田久三郎(南久)先生の門に入り骨書、彩色,金付けの技法を学ぶ。
沢田久三郎(南久)は新しい顔料を開発し、私や笠間市松(竹雪)達とこの顔料の普及に努めた。
近くには九谷正三を師匠とする武腰善平や武腰泰山等の画工が沢山居ります。
私は、画号を晴山とし新しい顔料を使いつつ九谷焼正統の技を守って常に先達の業に近ずかんことを願い精進を続けています。

梶本与太郎(晴山)