|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

角地耕三 陶歴

幼いころから、絵をかくことが好きで、高校卒業後、九谷焼の上絵付けに入る。
その後、絵付けだけでは物足りず、自ら土をこね、創り、焼いている。どうも土と炎の魅力にとりつかれて増々深みにはまりつつある今日このごろである。

昭和22年9月19日 石川県珠洲市狼煙町に生れる
昭和41年 森 一正先生に師事
     九谷青窯に約10年務める
     県デザイン展に入賞
     第一回九谷焼伝習生卒
昭和51年 独立する。九谷焼
昭和56年 新田邦彦先生に師事
昭和58年 現代美術展に入選
     県九谷焼デザインコンクールに入賞
昭和59年 現代美術展に入選
     第三文明展に入選
     県九谷焼伝統工芸展覧会に入選
     金沢「青い麦」にて三人展
     小松・スタジオ・インにて個展
     第三文明展に入選
昭和61年 県九谷焼伝統工芸展覧会に入選
昭和62年 個展「ボックス」小松市スタジオ・イン
昭和63年 県九谷焼デザインコンクールに入賞
平成元年 県九谷焼伝統工芸展覧会に入選
     東京・伊勢丹デパートにて個展
平成2年  県九谷焼伝統工芸展に入選
     第三文明展に入選'
平成3年  金沢 大和アトリオ長寿堂にて個展
平成4年  県九谷焼伝統工芸展覧会に入選
          東京・銀座松屋にて個展
          第三文明展に入選
平成5年  県九谷焼伝統工芸展覧会に入選
     現展に入選
     第三回日工会展に初入選
     第三文明展に入選
平成6年  現展に入選
     第四回日工会展に入選
     横浜・大阪ソゴーで個展
     日展に初入選
     鳥取ギャラリー栄光舎にて個展

角地耕三