|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

本多順一 陶歴

陶  歴
 九谷焼は豊かな彩色、雄大にして繊細な構図など古く
から色絵磁器の最高峰として愛好されその秀れた技術は
単に郷土の工芸だけでなくせ界の陶芸として多くの人々
の評価を受けて居ります。
 私、昭和二十ニ年小松市八幡町中田錦玉先生に人弟、
上絵付赤絵の庄三風を十八年間学び、昭和四十一年錦生
窯を起こす。昭和五十五年陶磁器の原点探求のため美大
教授北出不二雄先生等と共に中国の景徳鎮に渡り四千年
の歴史の中に陶磁器の原流を見い出し上絵の中に先人の
伝統と歴史を継承しその作意を会得せんと精進する。
昭和五十八年 第一回九谷焼放免コンクール(県九谷
      焼陶磁器商工業協同組合連合会主催)
      に於いて 小松市長賞の栄誉を得る。
平成三年  小松市技能功労者に選ばれ功労賞を受賞す。

錦生窯 本多順一