|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

旭窯 陶歴

九谷旭窯

華麗な色絵磁器として知られる九谷焼は、前田家の藩窯として発足、今日まで三百年の歴史をもっています。中でも、黄、紫、紺、赤、緑の五色に、染付、錆を加えた七彩の焼物は、「献上手古九谷」と称され、磁器の王者として世に珍重されています。私達志を同じくする者七名は、南加賀の地に旭窯を築窯、染、錆の持つ黄渋味を華麗な五彩の中に生かすべぐ単彩から七彩まで、各自の自由な発想に基いて、今日的な生活の器を模索して参りました。美意識の多様化している今、人々の心に触れる何かを表現し得たら幸いと思い作陶しています。

松本佐一、吉田稔、徳田正彦、藤原繁雄、松平雪生、中田和雄、田村敬星