|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

北村隆 陶歴

1946年 石川県に生まれる
1973年 第6回日展初入選(以後二十五回入選)
    第15回日本現代工芸展初入選(以後連続入選)
1978年 日本現代工芸美術展会員出品 ヨーロッパ・ファエン
    ツァ国際陶芸展特別出演
1979年 朝日陶芸展入選 現代美術展連続入選
    第3回石川県伝統工芸展優秀賞受賞(以後毎年入選)
1984年 第40回現代美術展石川県美術館記念展最高賞受賞
    以後毎年委嘱出品する。
    奈良東大寺長老清水公照師の原画を古九谷風にアレン
    ジして角皿に絵変りで製作
    三笠宮憲仁親王殿下に清水公照師と合作の組角皿をご
    結婚祝に献上する。
1986年 日展会友となる
1988年 シンガポール芸術祭参加 国立博物館特別出品
    歌手マイケルジャクソン日本講演記念での似顔絵陶額製作
1989年 東京ニューオータニにて個展八回、新高輸プリンスホ
    テルにて個屡三回、大阪近鉄百貨店阿部野本店にて個
    展四回、山口県徳山市高島屋にて個展二回、新潟県三
    越にて個展する。日本橋三越
1990年 ニューヨーク・東京姉妹都市交流三十周年記念展に石
    州流家元と共に作品展する。
1992年 フランスニース市アポロポリス美術館 国際展出品
    銅メダル受賞(フランスニース市アポロポリス美術館
    北前船大皿収蔵)
    高円宮殿下二日間御訪問される。
    フランスのループル美術館で珠洲の竹筆作家と共に
    "北前船飾皿"の作品展示する。
1994年 毎日放送本社にて"北村隆の世界展"開催する。
    広島アジア大会貴賓室"北前船飾皿〃展示作品買上される。
1995年 伊勢丹相模原、松戸、浦和、静岡、立川店、新宿本店
    にて個展
    第27回日展(天空遥かに)が特選受賞
1996年 第28回日展(銀河)無監査出品する。
    全日本鉄人レースに漆芸家大下香仙師と竹林根付を製
    作し、高円宮殿下妃殿下に献上する。
    大本山永平寺に香炉寄進(七十八世貫主宮崎奕保猊下
    九十六歳)
1997年 寺井町九谷焼資料館にて"陶芸の遣道28年金彩の美北村
    隆の世界展"開催する。
    通商産業大臣より伝統工芸士に認定される。
1998年 現代美術展 審査員就任
  3月 第21回伝統九谷焼工芸展技術賞  5月 徳田賞受賞
  8月 皇太子ご夫妻石川県来訪に際し御夕食器一式制作する。
    オーストラリアジャパンフェスティバルに、日本代表
    で九谷焼を出品する。州立美術館に北前船大皿、金彩
    茶道具を収蔵する。
    オーストラリアシド二-市庁舎に金彩鶴角大皿収蔵する。
   9月 イギリス大英図書館館長室に金彩鶴角大皿収納する。
 10月 兵庫県姫路市美術館工芸館にて東大寺元館長清水公照
    師との特別展を2ケ月間開催する。
 11月 華厳宗大本山奈良東大寺行基菩薩千二百五十年御遠忌
    献茶式に九谷金彩皆具一式寄進(二百十四世別当守屋
    弘斎)
1999年 東京ニューオータニにて"隆、和義親子展"開催する。
2000年 日展金沢展(陽洸)奨励賞受賞
    日本伝統工芸士展受賞 二回(翌2001年)
    兼六園大茶会展受賞 二回(翌2001年)
2001年 日本現代工芸展本部会員賞受賞
2002年 現代美術展 審査員
    京都大徳寺・芳春院と加賀百万石伝統工芸作家展をする。
    持統天皇一千三百年玉忌奈良薬師寺大講堂復興記念
    「北前船大皿」奉納
    京都大徳寺・芳春院木像開眼法要鵬雲齋家元献茶
    「九谷焼三貝足」奉納
2003年 大本山永平寺高祖道元禪師七百五十回大遠忌に
    「九谷焼大香爐一基」奉納
    日本伝統工芸士展経済産業省局長賞受賞
2005年 全国伝統的工芸品公募展NHK会長賞受賞
    「金彩白粒文様花器」
2007年 国際美術審議会
    第33回連展内閣総理大臣賞受賞「釉裏金彩群」


         日展会友
         日本現代工芸美術作家協会会員
         石川県陶芸家協会会員
         伝統工芸士認定
            
            九谷竹隆窯
              北村隆