|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

阿手光夫 陶歴

作陶のことば

九谷焼の自由奔放、紬密に構成された図柄から受ける上絵の優美さは、まさに世界的芸術品であると思います。私達の祖先が創り出した古九谷、吉田屋、木米、庄三等の構図、技法を大切にしながら現代調の表現、技法をも取り入れて「使う人の心に暖かく受け止めて貰える」作品を創る事に心懸け、努力精進を続けて居ります。

陶歴

 一、昭和二十三年 父(青芳)を師として家業の九谷焼絵付の道に入る
 一、昭和四十二年 父青芳没後二代目青芳を名のる                     
 一、昭和五十二年 労働大臣認定
          全国陶磁器製造(絵付作業)一級技能士の資格を取得
 一、昭和五十三年 陶磁器(絵付作業)の指導員免許に合格、資格を得る
 一、昭和六十一年 小松市産業功労者表彰を受賞
 一、平成二年   九谷焼伝統工芸士に認定される
 一、平成五年   伝産法改正に依り
          通商産業大臣の認定試験に合格
          伝統工芸士の称号を得る

此の間、九谷焼伝統工芸展、デザイン、技能各種コンクールに入賞、入選、活躍中。

    伝統工芸士

    一級技能士  阿手光夫 (青芳)