|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

仲田錦玉 陶歴

 九谷焼は豊かな彩色、雄大にして繊細な構図など、古くから色絵磁器の最高峰として愛好され、その秀れた技術は、単に郷土の工芸だけでなく、世界の陶芸として多くの人々の評価を受けて居ります。

昭和二十一年 中田正雄(初代錦玉)が石川県小松市にて開窯
          皇太子殿下、妃殿下、金沢御来訪の折、
          両殿下使用の茶器を制作する
昭和五十八年 全国植樹祭にて、天皇陛下、御来県の折、御使用の蓋付茶器『黄地金唐草』
          製作の誉を得る
昭和 六 十 年 中田信之、二代錦玉を襲名
昭和六十三年 九谷焼技能展最高賞
平成   六 年 中国シルクロード六千キロ取材旅行
          通商産業大臣指定、伝統工芸士認定
平成   七 年 伝統九谷焼展技術賞、石川県デザイン展県知事賞、長銀アトリウムギャラリーにて
          『シルクロード遙か』個展
平成   八 年 犀川画廊、長銀金沢支店にて個展
          東京三越本店美術部、横浜高島屋にて製作実演
平成   九 年 国際色絵磁器展入選
          日本伝統工芸展初入選
平成 十 一 年 日本伝統工芸展
          黄白粒文皿『心響』入選
平成 十 二 年 内閣総理大臣ヨーロッパ歴訪、外務省買上
平成 十 三 年 日本伝統工芸展入選 日本工芸会正会員認定
平成 十 四 年 日本伝統工芸展入選
平成 十 五 年 日本伝統工芸展入選
平成 二 十 年 アメリカ、ニューヨーク日本クラブにて個展を開催
平成二十二年 護国寺に大香炉(迦陵頻伽)を奉納
平成二十五年 中田勝彦、三代錦玉を襲名
          伝統九谷焼工芸展
          盛金青粒白粒皿「晩刻の塔」入選
          全国伝統的工芸品公募展入選
平成二十六年 伝統九谷焼工芸展
          盛金青粒白粒皿「向春の塔」入選
平成二十七年 伝統九谷焼工芸展
          「宝相華紋様白粒皿」入選
          伊勢丹新宿本店にて親子展開催

平成二十七年三月 二代信之逝去

三代にわたり盛金絵付、青粒白粒画風を継承し、日々精進致しております。

      仲田 錦玉