|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

藤村正美 陶歴

九谷焼は日本の上絵磁器の源流をなすもので構図の自由奔放・彩釉の重厚さは正に世界
の陶芸界でも並ぴなきものと思います。
従って九谷は絵付が生命で上絵のない九谷は考えられません。
この絵付も古九谷風・木米風・吉田屋風・飯田屋風・永楽風・庄三風と各時代の思潮が
うかがわれます。
私ほ彩釉のなかに陶工の心を感じて戴ける九谷を創作したいと思います。

         藤 村 正 美

昭和二十九年金沢美大日本画卒
同年国立名古屋工業試験場へ入所瀬戸分にて陶磁研究す
昭和三十一年より父豊秋に師事し九谷上絵付を研究す
以来九陶会グループ活動に参加日展三 朝日全国陶芸展入選
現代展連続入選 賞二
想う処あり昭和四十年以後公募展に出品せず
昭和五十四年創造美術会へ参加
会員賞・北華賞・ユネスコ賞・東京都知事賞
審査員・陶芸部運営委員
金沢市工芸協会参事
金択卯辰山工芸工房講師
昭和六十二年横浜高島屋にて個展以後各地で七回
平成七年創造大賞受賞
同年伝統産業貢献者として金沢市より表彰される
石川県陶芸協会会員
創造美術会(前)陶芸部長