|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

藤原繁雄 陶歴

昭和二十二年 三重県伊賀窯業学校を卒業と同時に松
       坂万古窯にて本窯の技術を修得する。
昭和二十六年 古九谷、吉田屋の古来からの九谷焼の
       美しさに魅せられ、意を決し単身、石
       川県寺井町に去来し、新匠工芸会員、
       森一正氏に師事し、以来十年師の下に
       九谷焼の研究に専念せり。
昭和二十八年 石川県現代美術展に初入選、宮本憲吉
       氏の主宰する新匠工芸展等各種展覧会
       に入選、受賞さる。
昭和三十二年 三重県津市、津博物館に於て個展を開
       く。郷里三重県より三重県美術展の招
       待出品者に推薦される。
昭和三十六年 物品税法施行規則による美術作家の認
       定を受ける。
昭和三十七年 森一正氏の門を出るや寺井町に居を定
       め陶芸協会会員となる。
昭和三十九年 同年より毎年若手作家グループと共に
       東京三越・高島屋等に於て新進作家陶
       芸展を開く。
昭和四十三年 九谷焼産業教室の講師に石川県より委
       嘱さる。
昭和四十六年 一水会展入選
  〃    九谷焼伝習生教室の謙師に石川県より
       委嘱さる。
昭和四十七年 一水会展入選
  〃    石川県クラフト協会会員となる。
昭和四十八年 一水会展入選
昭和四十九年 一水会展入選
昭和五十年  一水会展人選
  〃    九谷デザイン開発協同組合をグループ
       で、小松市南浅井町に於て九谷旭窯を
       設立する。
  〃    スペイン美術工芸展出品
昭和五十一年 一水会展入選
  〃    ベルギー美術工芸展出品
昭和五十二年 石川県陶磁器上絵付技能検定において
       大賞を受賞す。
  〃    技能検定に合格し労働大臣より一級陶
       磁器技能士に認定される。


      九谷陶芸 藤原繁雄