|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

東忠雄 陶歴

 霊峰白山の麗清き手取の流れ土と炎の里佐野地で祖に
赤絵与三郎 祖父に色絵上絵師の家系に生れ幼少より他
の上絵師の門下生として数年赤絵、青九谷の技術蕉陶を
受け開窯以来二十年その間に武腰泰山先生 並に赤絵与
三郎に師事し 初志を貫き伝統を尊び現代九谷の創作に
生命をかけて居ります。

昭和三十二年 新作展初受賞以来毎年出品入賞
昭和四十六年 県知事賞受賞
昭和四十七年 創造美術陶芸部初入選以来毎年出品入選
昭和五十二年 第一回伝統九谷工芸展初入選以来平成二年迄毎年入選
昭和五十五年 創造美術会陶芸部会員に推挙さる
昭和五十五年七月 九谷焼検査委員に任命さる
昭和五十六年二月 第四回伝統九谷工芸展で赤絵小紋水指奨励賞受賞
昭和五十七年二月 第一回九谷焼デザインコンクール入賞
             以後平成二年度迄四回入賞
昭和五十九年 創造美術会陶芸部運営委員に推挙さる
平成元年   創造展会員賞受賞
平成二年   九谷上絵技能者知事表彰を受く
平成三年   九谷産業デザインコンクール入賞
平成五年   創造展会員賞受賞
平成六・七年 創造展入選
平成八年   北華賞受賞
       寺井町現代美術展北国新聞社賞受賞
平成九年   創造展功労賞受賞
平成十三年  創造美術会及び寺井町作家協会引退
       自我の道を歩む

       雄岳窯陶房 東忠雄
             昭和五年七月十一日生
                 稚号(雄岳)