|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

三ツ井為吉 陶歴

1959年金沢美術工芸大学・陶磁器科を卒業後、
北出塔次郎教授の助手として師事。その後、引続き
文化勲章受章者 浅蔵五十吉先生に師事
1960年現代美術展に「埴輪文様・飾皿」初入選、以後連年出陣
1961年(祖父伝四郎、父為吉)の跡を継承
1962年ライシャワー・アメリカ大使に「竹の図・飾皿」を献上
1964年朝日陶芸展に「壷」初入選、以後連年出陣
1967年日本現代工芸美術展に、「情炎」初入選、以後連年出陣
日展に「山怒る」初入選、以後連年出陣
1969年渡欧。以降、研修の為に度々、海外旅行を行う
1971年労働大臣表彰を受ける
1972年NHKテレビ出演「九谷焼に生きる」
1976年三笠宮寛仁殿下の御来臨を仰ぎ「早春」をお買上賜る
1979年推挙により「日本現代工芸美術家協会」の会友となる
大平首相、1982年鈴木首相、1984年中曽根首相が訪中の節
酒杯の制作を拝命
1980年常陸宮両陛下の御来臨を仰ぎ「市松文様・陶筥」を献上
1981年ホテルロビーの陶壁「森の詩」を制作
1987年内閣総理大臣表彰を受ける
1988年アスラニ・インド大使ご来房「草花文様・花挿」を献上
1993年三笠宮崇仁殿下の御来臨を仰ぎ「更沙文花挿」を献上
1994年アメリカN.Y.のSwitzer Galleryにて個展を開催
ロチェスター工科大学で九谷陶芸を講義
1997年ギャローデット大学客員教授に就任
ワシントンDCのKCCにて個展を開催
2002年スミソニアン博物館のArthur M.Sackler Galleryにて
個展を開催
2003年タイ国のラチャスダ大学・陶磁専攻客員教授に就任
2005年エドワード・ギャローデット賞を受賞

魅力あふれる伝統九谷を、近代に生かした、新しい色絵

磁器の研究、制作に励みながら、作品の発表を続けている

      日本現代工芸美術家協会会友

      三代為吉  三ッ井 詠一