|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

谷口幸夫 陶歴

一九五〇年、石川県大杉谷の奥地に生まれる。
一九六六年、石川県主催溶接工芸にて、最高賞(県知事賞)を受賞する。
一九六八年、デザイン科卒業後、ラテンバンドにて金沢近辺を俳徊する。
一九七〇年、金沢観光会館にて初リサイタル後、普楽活動に終止符。
一九七一年、寺井にて、陶芸基礎研修始める。
石川県九谷焼後継者育成機関伝習校第二期卒業。白陶会発起結成する。
一九七四年、粟津温泉郷にて築窯し創作活動開始。
以後各界の諸先生方にアドバイスを受けつつも奔放を旨とするため、今だ特定の会員、会派等には所属せず。
作風も現代的、伝統的の枠におさまりきれず。よって個展以外にも現代展・伝統展・工芸美術展・全国陶芸展等々各様の展覧会でもこだわりはなく、あらかた出品し入選。
創作は原土から造形・釉薬・焼成・絵付までの全工程オリジナル総手造りである事が、私のせめてもの心意気です。御使用いただき心より感謝申し上げます。
     

      ひとりごと

これに定義が在る限りもうひとつのなにかは産まれない。
所詮一生演技であるける筈もなく……
私のテーマは第三の陶芸です。
作る人は自由に創り、手にする人は自由に使う。
それが一番いいような気がして‥…。


     創作陶房
      九谷幸窯
      谷 口 幸 夫