|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

川畠秀勝 陶歴

茶碗のひびきと祖父の焚く窯の炎をみつめて育ち、この道三十数余年。この間石川県特産工業技術研修生として故森一正師(元一水会委員)に指導を受け、その作品が日展陶芸家二代目徳田八十吉先生に認められのち御指導を受け、日本伝統工芸展に入選し、そしてのち日本工芸会正会員になりました。
いままで幾多の苦悩苦杯もありましたが、それらを生かし大衆の方々に一層愛され、親しまれる作品つくりを心掛けていきたいと思っております。

・石川県産業技術研修生に推薦受ける               昭和44年
・寺井町工芸美術展 最優秀賞(2回)               昭和47年
・県九谷新作展 県議長賞(他賞3回)               昭和49年
・県現代美術展入選(8回)                    昭和49年
・同右展にて北国賞(他賞3回)                  昭和49年
・国際見本市協会主催「石川の工芸スペイン展」に元県美術館
 々長・高橋介州先生の推薦を受ける               昭和50年
・日本伝統工芸展 初出品にて入選(4回)                         昭和52年
・現代石川の工芸展に選抜される(石川県教育文化財団主催)    昭和52年
・伝統九谷工芸展入選 理事長賞受賞               昭和53年
・日本工芸会正会員に推挙される                 昭和56年
・「現代工芸」九谷東京展に選抜される              昭和53年
・石川県陶芸協会会員に推挙される                昭和60年
・日本の工芸・パリ展にてトップ・アート賞受賞          平成 2年
・九谷「井蛙会」山上竹凰師(日本工芸会正会員)主宰に入る    平成 3年
・石川の伝統工芸展 15回連続入選                平成 4年
 

                石川県陶芸協会々員
                九谷井蛙会々員
                日本工芸会正会員
      
                      秀林  S18.9.16生