|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

川田稔 陶歴

 山中温泉を超えて我谷ダムを横にみて渓川添いの道を行くと、やがてうっそうと茂る杉林の中に小高い山が見えて来ます。
そこが国指定史跡古九谷発祥の地であります。
一号窯、二号窯、吉田屋窒の三基の登り窒の跡があります。窯前に立つと加賀の地にも九州の有田に負けない白地色絵の焼物を造ろうとはりきる先人達の目の輝きが見えてくるようです。今、九谷焼にたずさわる私も、あの世界に名高い古九谷を造りあげた彼等の意気込みを少しでも受けつぎたいと何か心い地よい刺激を感じつつ、日々の製作にいそしみたいと思っております。


京都にて会社勤蕎の後、帰郷し、石川県九谷工芸高等訓錬校に入学率業後、九谷焼技術像存会会員吉田荘八(北出塔次郎、浅蔵五十吉両氏に師事)先生の陶房に六年勤務ののち独立する。


  日本新工芸展    九回入選
  平成元年  日本新工芸奨励賞 受賞
  日展       六回入選
  日本伝統工芸展    入選
  石川県現代美術展 連続入選
  平成四年 佳作賞受賞
  伝統九谷焼工芸展 連続入選
  平成三年 奨励賞       受賞
  九谷焼産業デザインコンクール
  昭和五十八年 九谷焼連合会理事長賞 受賞
  第十九回日本新工展(平成九年度)
  審査員に推挙さる


    日本新工芸家連盟会員
    石川県陶芸協会会貝
    小松美術作家協会会貝
       川田稔