|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

「武腰 敏昭(たけごしとしあき) 陶歴」


 
昭和十五年 一、能美市寺井町に生る
昭和三十七年 一、金沢美術工芸大学卒業後陶芸の道に入る
昭和三十八年 一、第二回日本現代工芸展初入選以来十回入選 以後無鑑査出品
一、第六回日展、初入選 以来連続入選
昭和四十九年 一、日本現代工芸美術家協会会員
昭和五十三年 一、日本現代工芸美術家協会退会
一、日本新工芸家連盟委員
昭和五十四年 一、第三十五回石川県現代美術展特別賞受賞
昭和五十五年 一、文化庁主催第十九回県展選抜展に於て文部大臣賞受賞
一、第十二回日展に於て作品「容」特選受賞
昭和五十六年 一、第十三回日展に於て作品「答」特選受賞
一、第十三回日展無鑑査出品
一、和倉温泉加賀屋狃軣癲躓賓室壁面レリーフ制作
昭和五十七年 一、九谷焼資料館ホール壁面モザイク「鳳凰の図」制作
昭和五十八年 一、北國銀行壁面モザイク「望郷」制作
昭和五十九年 一、第六回日本新工芸展審査員
昭和六十年 一、小松制作所新研究所エントランスホール壁面モザイク「未来」制作
一、総理官邸御招待
昭和六十一年  一、日本新工芸家連盟退会
一、第十八回日展に於て作品「蒼い花器」特選受賞
一、粟津温泉猖〇姚疂斌魅皀競ぅ制作
昭和六十二年 一、第十九回日展無鑑査出品
昭和六十三年 一、第二十回日展委嘱に推挙さる
平成元年 一、第二十一回日展審査員に就任
平成二年  一、日展会員に就任
一、日本工匠会発足理事に就任
一、平成三年用お年玉付年賀ハガキ「舞い」原画作成
一、富士通総合センター壁面モザイク「拓く」制作
平成五年 一、第二十五回日展審査員に就任
一、寺井町に日本最大のビッグモニュメント・「甦」世紀をこえて・を制作
一、寺井町文化賞受賞
平成六年 一、第四回日工会展に於て作品「春来たるらし」大賞受賞 
一、第二十六回日展に於て作品「しずか」会員賞受賞
一、根上町総合文化会館内爛織鵐函輅媛茵崔茵彑作
平成七年 一、第二十七回日展審査員に就任
平成八年 一、日展評議員に就任
一、北國文化賞受賞
一、佐川印刷株式会社エントランスホール陶壁「春来たるらし」制作
平成九年 一、第七回日工会展に於て作品「春釆たるらし」内閣総理大臣賞受賞
一、和倉温泉加賀屋爐△┐良″壁面レリーフ「のどかなりあえの風」制作
平成十一年 一、手取郷斎場ロビー陶壁「豊饒の郷」制作
平成十二年 一、石川県立看護大学エントランスホール大陶璧「美しき生命」制作
   NHK焼物探訪「ぐい呑から壁画まで」に出演
平成十三年 一、石川県文化功労賞受賞
一、第三十三回日展に於て作品「静寂」内閣総理大臣賞受賞
平成十五年 一、薬師寺大講堂復興記念に大皿「昇陽」を奉納
一、金沢医科大学病院エントランスホール陶壁「やすらぎ、癒し、再生」制作
平成十七年 一、佐川印刷株式会社厚木工場エントランスホール陶壁「世界へ」制作
平成十九年 一、第三十九回日展審査員に就任
平成二十一年 一、日展監事に就任
平成二十二年 一、日展理事に就任
   日本藝術院賞受賞・湖畔「彩釉花器」
   天皇皇后両陛下主催のお茶会に御招待を受ける
   日本藝術院会員に就任
平成二十三年 一、宮中において歌会始の儀に陪聴者として御招待を受ける
一、日展常務理事に就任


○ 内閣総理大臣就任祝として作品制作 六回
○ 高松宮御買上
○ ベルリン芸術祭参加
○ 個展 十五回
○ 石川県美術文化協会名誉顧問、副理事長
○ 石川県陶芸協会会長 現在常任理事
○ 金沢学院大学教授
○ 日展常務理事・審査員四回
○ 日本藝術院会員


三代泰山

武 腰 敏 昭