|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

吉田美統 陶歴

錦山窯 初代庄作 明治三十三年九谷焼陶芸家 田中嶺山 氏に入門し、作陶を学ぶ。同三十九年独立築窯し錦山と号す。
その後金彩技法に工夫をし、錦絵陶画を完成す。博覧会 工芸展、産業展等に出品し、入賞す。その頃より錦山窯 と呼称される。
二代清一 初代の作風を伝え、青九谷の 技法も加えて各種美術展、工芸展に入選す。

当代
昭和 二十六年、錦山窯を継ぎ作陶の道に入る
 〃 三十八年、第二回九谷焼新作展県知事賞受賞
 〃 四十二年、九谷焼新作展県議会議長賞受賞
 〃 四十五年、日本万国博覧会に石川県より選抜され百人一首大花瓶を出品す
 〃 四十七年、石川県デザイン展金沢市長賞受賞
 〃 四十九年、日本伝統工芸展入選
 〃 五十一年、朝日陶芸展受賞
 〃 五十三年、一水会陶芸展一水会賞受賞
 〃 五十四年、釉裏金彩鉢外務省買上作品に選定される
           イタリア・ファエンツァ・コンクール'79に選抜出品
 〃 五十五年、第三回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞
           朝日陶芸展受賞
 〃 五十七年、第五回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞
           一水会陶芸展会員優賞受賞
 〃 五十九年、中日国際陶芸展受賞
           日本伝統工芸展奨励賞受賞
 〃   六十年、中日国際陶芸展受賞
 〃 六十一年、京都南禅寺野村美術館に於て個展開催
 〃 六十二年、日本橋高島屋に於て個展開催
平成  元  年、第十二回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞
 〃   二  年、第十三回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞
 〃   三  年、銀座和光ホールに於て個展開催
 〃   四  年、第十五回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞
           日本伝統工芸展 高松宮記念賞受賞
           石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会技術保持者に認定される
 〃   五  年、銀座和光ホールに於て個展開催
           釉裏金彩鉢ワシントン・スミソニアン研究機構の
           サックラー美術館の永久保存作品に選ばれる
 〃   六  年、横浜高島屋に於て個展開催
 〃   七  年、平成六年度の日本陶磁協会賞受賞
           第四十二回日本伝統工芸展鑑査委員
 〃   九  年、銀座和光ホールに於て個展開催
           国際色絵陶磁器コンペティション'97九谷展受賞
 〃   十  年、日本橋三越に於て個展開権
 〃   十二年、第四十七回日本伝統工芸展鑑査委員
           第四十七回日本伝統工芸展保持者受賞
 〃   十三年、紫綬褒章受章
           日本橋三越に於て個展開催
           国指定重要無形文化財釉裏金彩の保持者に認定される
           北國文化賞受賞
           石川県文化功労賞受賞
 〃   十四年、小松市文化賞受賞
 〃   十八年、旭日小綬章受章
 〃   十九年、「わざの美・日本の伝統工芸50年展」大英博物館に選抜出品
 〃 二十二年、日本橋三越に於いて傘寿記念展開催
 〃 二十三年、文化庁企画による工芸技術記録映画制作される
 〃 二十四年、文化庁主催海外展
           「日本のわざと美・近代工芸の精華」展
           (イタリア・フィレンツェ市)に選抜出品
 〃 二十六年、郡山うすいにて美統・幸央親子展開催
 〃 二十七年、熊本鶴屋にて個展開催

国指定重要無形文化財
石川県指定無形文化財

錦山窯 三代吉田 美統 (稔)