|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

新田邦彦 陶歴 

 私 の 陶 道

徳山窯初代「三次」と生涯を徳山窯に捧げた職人さん達の作陶への情熱を受け継ぎ一世紀。
次男に生れて四代目を決意しましたが窯元業の才はなく自由な作陶の道を選び焼物の芸を
楽しみながら一歩一歩あゆみつづけたいと思っております。個展を中心に新作を発表しています。
皆様に楽しんでいただければ幸いです。

   陶   歴

一、昭和十五年  徳山窯三代貢の二男に生まれる
一、昭和三十年  寺井町に武腰善太郎氏に運筆を学ぶ
一、昭和三十七年 金沢にて吉田勝山氏に九谷上絵を学ぷ
一、昭和三十九年 寺丼町にて釉薬の研究に入る
一、昭和四十三年 徳山に帰り築窯作陶生活に入る
一、昭和四十八年 金沢大和本店にて初個展開催

一、       以後年二回個展を開く
一、       県クラフト展人賞
一、       県現代工芸展入選
一、       新工芸展入選
一、       第三文明展入選
         
     徳山窯 四代目
        新田邦彦