|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

上出長右エ門 陶歴

    陶    歴

九谷焼中興の祖 九谷庄三翁の出生地 寺井材に明治十二年初代上出長右エ門が開窯し「長右エ門窯」と号す。百余年の伝統ある長右エ門窯元の四代目として昭和四年寺井町に生をうけ、伝統九谷の家柄に新時代の九谷の創作に日夜努力と情熱を燃やして居るものであります。

昭和二十四年 高岡工専(富山大学工学部)応用化学科卒業
昭和二十七年 金沢美術工芸大学陶磁器科卒業
仝    年 窯業協会誌に工学博士小沢卯三郎先生と協同研究の「九谷焼杯土の基礎研究」と題し
              論文を発表す
昭和二十八年 現代美術展に入選
昭和三十二年 食器新作展に石川県知事賞受賞
昭和三十九年 産業工芸展に入選受賞
昭和四十年  九谷新作展に入選受賞
昭和四十四年 明治神宮御依頼による「花瓶」を献納の栄を揚る
昭和四十六年 朝鮮陶器の研究に訪朝する
昭和四十七年 創造美術会陶芸部々長に推挙される
昭和四十八年 全国現代茶陶展に委嘱出品する
昭和四十九年 東大名誉教授 故三上次男先生を講師にヨーロッパ陶器研修に八ヶ国を廻る
昭和五十年  東京小田急百貨店で個展を開く
昭和五十一年 全国煎茶道大会に委嘱出品する
昭和五十二年 金沢大和百貨店で個展を開く
昭和五十三年 九谷焼伝統工芸展入選
昭和五十五年 中国景徳鎭に於て中国陶器を研究する
昭和五十六年 西武池袋店・三越名古屋店・広島福屋にて個展を開く
昭和五十八年 九谷焼伝統工芸士に佳作賞を受賞
仝    年 昭和天皇陛下御来県の折、御使用の御器製作の栄を賜る
昭和五十九年 全国伝統的工芸品展に通産省局長賞を受賞
仝    年 たち吉本店・天満屋岡山店にて個展を開く
昭和六十年  創造美術展に朝日新聞杜賞を受く
仝   年   天皇陛下御一家御来県の折、御使用の御器の製作の栄を賜る
昭和六十二年 大阪そごう・阪神にて個展を開く
平成 元 年 全国各地で作陶展開催
平成 二 年 石川県九谷陶磁器商工業協同組含連含会理事長に推挙される
平成 三 年 日本煎茶工芸協会理事に推挙される
平成 五 年 通産大臣彰を受く
平成 八 年 藍綬褒章を受く

       長右エ門窯
          四代 上出長ェ門