|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

住田栄亮(芦湖) 陶歴

小松市高堂
1859(安政6)年小酒磯石ェ門が初めて高堂で陶画を開いた。磯石ェ門には高堂に弟
子がいなかったが、門弟の荒屋での陶画工の第一号である石浦伊三郎に師事した田中英
亮をはじめ、中村伊三松・高伊之吉・大坂由松・吉田庄作・住田栄作・住田伊三松・橋
爪豊作・荒木長爾・北島文作・上田孫作・住田甚作・本田儀作・北村外吉・住田与三松
などが明治・大正期の高堂絵付をつくった画工である。
 高堂九谷の特長ほ細密な手書きに本金をつけたもので、特に金ふりに独特のよさがあ
る。優秀な技術を持った画工が多く、生産されたものは主に寺井町の問屋を通じて県内
外に売り出されている。

住田栄亮は師に住田栄作を持つ
住田栄作の師匠は田中栄亮でその師匠は小酒磯石ェ門である。
住田栄亮は昭和45年第八回九谷焼新作展に入選し一貫して高堂本金画を制作した。
金盛りにする技法は特に優れ一世を風靡した

住田栄亮
画号 芦湖