|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

山本重義 陶歴

昭和六年 (一九三一)  石川県加賀市山代温泉に生れる
             叔父 北島文作氏(初代 文仙)に感化され志ざす
昭和二十一年(一九四六) 山代国民学校高等科卒業後(十五才)
            寺前 美氏(新槐樹社理事)に師事し、基礎を学ぶ
昭和二十六年  西田勇氏(薩摩名工)宅へ住込んで彩色金襴手絵付細描技
        法を学ぶ
昭和二十七年  九谷美陶園で高橋光葉氏(友禅画工)の許で染付、上絵
        絵画等斯道を学ぶ
昭和三十一年(一九五六)  「九谷重義」銘として自立創作にかかり九谷五彩と
            荘重な金色の調和、伝統を生かした上に現代の感覚
            に纏め漸新な意匠を独自に切り開く
昭和三十二年  加賀市九谷焼陶芸展覧会に
        「飾皿双鶴図」が受賞以後五回受賞する
昭和三十八年  山代陶和会北出不二雄氏(日展会員)河上龍三氏(工芸会正会員)
        他六名で結成技術の開拓鑑賞研修等海外へも進出する
昭和四十一年(一九六六)  第五回 石川県九谷焼新作展覧会に
                       「雷鳥図飾皿」が受賞、以後四回受賞する
昭和四十五年  加賀美術協会に入会し慈善展・美術展に出品
        美術活動に寄与する
昭和五十二年(一九七七)  全国陶磁器製造(絵付け作業)一級技能検定に合格し
            全国で初の国家資格者となる
昭和五十二年(一九七七) 技能オリンピック絵付部門石川県大会に
            課題「菊」に飾瓶で挑戦し入賞する
昭和五十四年(一九七九)  賀陽邦寿氏(元皇族賀陽宮)に「金彩小紋手瓢型飾瓶」一対を
            贈り絶讃を仰ぐ
昭和五十六年(一九八一)  国際亜細亜現代美術展に「群蝶図飾皿」が新人特選
                        を受賞し、海外展に選抜され同人にも推挙される
昭和五十七年(一九八二)  伝統九谷焼工芸展覧会に「花蝶図飾壷」が
            九谷連合会賞を受賞し、作品を金沢市立中村美術館
            が買上げ常時陳列される
昭和五十八年(一九八三) 石川県知事より陶磁器科について、職業訓練指導員
            の免許を与えられる
昭和五十九年(一九八四)  米国ニューオルリンズ万博会場日本政府館内に「瑞
            鳥図飾皿」が展示され伝統文化の紹介に寄与する
昭和六十年 (一九八五)  陶芸創作四十年を記念して新作展を加賀商工会議所
            ホールにて開催、独特な世界をかもし出し参観者の
            絶讃を仰じる
昭和六十年 (一九八五)  第四回九谷焼産業デザインコンクール公募展に「群
            雀図飾瓶」が受賞し、以後三点受賞する
昭和六十三年(一九八八)  全国伝統工芸士認定中央委員会で総合審査の結果、
            九谷伝統工芸士として認定される

 

               
   通産大臣認定  伝統工芸士
   労働大臣認定  一級技能士     山  本  重  義
   石川県知事認定 職業訓練指導員