|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

泡多長-Awatana-ビアカップで泡からおいしく

泡からおいしく飲むちょっと贅沢なビールカップ

きめ細かいクリーミーな泡を求め、幾度となく試作し遂に完成しました。キンキンに冷やした器で一段と美味しさがアップします。 <泡多長粘土>というオリジナルブレンドの陶土を使用。

缶ビールをそのまま飲むことで満足していますか? たかが「缶ビール」を如何に美味しく飲むかという問題を、管理人と九谷和窯の坂井氏とで真剣に考えて手作りで作ったのが「泡多長(あわたな)ビアカップ」です!!

スタンダードモデル (L=350cc、M=250cc)

Lサイズで350ccの缶一本+泡までしっかり入ります。
ただし、カップを冷凍庫でしばらく冷やさないとこの限りでは御座いません。
常温のカップに冷えた缶ビールを注ぎますと、中身3:泡7ぐらいになって泡もなかなか消えずに、缶1本全ては入りませんのでご注意を。
丁寧に上手に時間を掛けて注げても6:4ぐらいです。(管理人実感)
*下記はMサイズでの価格です。
LサイズはMサイズの500円up(プラス消費税)(一部例外アリ)です。

九谷和窯でのビアカップロクロ曳き映像(youtube)別ウィンドウ
(音声はロクロの音のみでガーーッというものしか無いため消してあります。)
(1)特別ブレンドされた土からおおまかな形に成形します。
(2)ロクロ成形したものを規定値に削っていきます。
完成したものを充分乾燥させて素焼き窯、染め付けおよび釉薬を付けて本窯で焼成します。
銀彩などの上絵はこの後職人さんが上絵付けをします。

泡多長ビアカップのご購入はyahooショッピング「STYLeNCE」で


N46-01 M
N46-02 L
銀彩 萌黄色
3,500円,L:4000円

N46-03 M
N46-04 L
銀彩 水色
3,500円

N46-05 M
N46-06 L
銀彩 青色
3,500円

N46-07 M
N46-08 L
銀彩 京紫色
3,500円

N46-09 M
N46-10 L
銀彩 蜜柑色
3,500円

N46-11 M
N46-12 L
銀彩 黄色
3,500円

N46-13 M
N46-14 L
銀彩 クリアー
3,500円

N47-01 M
N47-02 L
窯変
2,000円

N47-03 M
N47-04 L
黒釉焼締
2,000円

N47-05 M
N47-06 L
太十草
2,000円

N47-08 M
N47-09 L
細十草
2,000円

N47-09 M
N47-10 L
四色水玉
2,000円

N47-11 M
N47-12 L
染付麦
2,300円

N47-13 M
N47-14 L
エクボ 黒釉焼締
2,000円

N47-15 M
N47-16 L
金箔ライン
4,000円,L:5000円

N47-17 250ccのみ
緑彩 麦
3,000円

N47-18 350ccのみ
黄彩 麦
3,500円

N47-19 250ccのみ
紅椿
3,500円

N47-20 350ccのみ
白椿
4,000円

N47-21 250ccのみ
白刷毛目紅椿
4,000円

N47-22 350ccのみ
白刷毛目白椿
4,500円

N47-23 M
N47-24 L

4,000円

N47-25 M
N47-26 L
春の富士
4,000円

N47-27 M
N47-28 L
秋の富士
4,000円

N47-29 250ccペアのみ
吉田屋・木米
10,000円

N702-07 M
N702-08 L
むさしの
2,000円

N702-09 M
N702-10 L
こま
2,000円

N702-13 M
N702-14 L
斜線十草
2,000円

N703-01 M
N703-02 L
黄瀬戸ぶどう
2,300円

N703-03 M
N703-04 L
魯山人ぶどう
2,300円

N703-05 M
N703-06 L
染付丸紋椿
2,300円

N703-07 M
N703-08 L
染水玉
2,000円

N703-09 M
N703-10 L
染付牡丹
2,300円

N703-11 M
N703-12 L
なす 2,000円

N703-15 M
N703-16 L
染付かに小紋
2,000円

N703-17 M
N703-18 L
錆染かに小紋
2,000円

N704-01 250ccのみ
足付 白釉
2,500円

N704-02 250ccのみ
足付 黒釉焼締
2,500円

N704-05 300ccのみ
口反 黒釉焼締
2,500円

N704-06 M
N704-07 L
白釉色十草
3,000円

N704-08 M
N704-09 L
紅白椿
3,300円

N704-10 M
N704-11 L
色絵ぶどう
3,500円

N704-12 250ccのみ
めでたい
3,000円

N729-11 M
N729-12 L
金唐草ねこ
3,500円

N704-13 250ccのみ
足付 ふくろう
3,500円

N704-14 250ccのみ
足付 金箔緑丸紋
4,000円

N704-15 250ccのみ
足付 金箔紫丸紋
4,000円

泡多長ビアカップのご購入はyahooショッピング「STYLeNCE」で


泡多長おいしさの秘密

1.泡多長粘土がつくるきめ細かい泡
「きめ細かい」、クリームの様な泡が、滑らかな舌触りと、マイルドな味わいをつくり出します。オリジナルの泡多長粘土を使用したことで、「泡が多く」、「長時間」美味しさを閉じ込めます。
2.おいしい泡で後味すっきり
泡が美味しさを閉じ込めたおかげで、いや〜な苦みが減り、すっきりとキレのある後味がえられます。 
3.持続力のある保冷効果
冷凍庫でキンキンに冷やしてお使い頂きますと、陶器ならではの抜群の保冷効果を発揮します。


ビールの美味しい注ぎ方
(九谷和窯ビアカップ編)

1.冷凍庫で予め冷やしたカップにトクトクと、
大胆に注ぎ、泡を立てましょう。
泡がカップの半分〜2/3 位に達したら・・・
約25秒待って下さい!!
などと細かいことは言いません。


2.泡が落ち着いてきたら、
泡の中心にストロー位の大きさの穴をイメージし
その穴に通すつもりでそっと注ぎ入れて下さい。
中心を外しても気にせず注ぎ続けて下さい。


3.ビアカップから泡が溢れそうになったら、
ハイ、出来上がり。
指ですくえる位クリーミーな泡と
旨みとキレのある味をご堪能下さい。
大勢で乾杯するも良し。
上手に注げたカップを眺めてご満悦も良し。
今日一日頑張った自分へのご褒美として
ごくごく飲んで下さい。

※ 傾けて側面を伝うように注ぐと泡立ち量が更に豊になります。
また、「室温」・「ビールの温度」によっても泡立ち量に差はありますが、「発泡酒」や「その他の雑酒」などの種類が変わると泡立ち量も多少異なります。

注)注ぎ方は ”美味しい缶ビールが飲みたい!”との願望から発見した方法です。この他にもまだまだ美味しい注ぎ方を日夜研究しておりますが、味覚を保つにも量的限界がありますので、皆様のご協力で美味しい注ぎ方があれば教えて頂きたいと思います。

味に関する賛否両論はあるかと思いますが、味覚表現に関しましては管理人(ビール党)の主観という部分がほとんどです。

※注 ロクロから施釉まで全て手作業で行っておりますので外側にもザラザラとした感触や小さい窪み、削り跡が残っている場合がありますが機能的にはなんの問題も御座いません。釉薬溜りや釉薬を切った円形の跡なども「中島○之助さん」がTVでよく言われるように「手作りの良さ」として受け取って頂けると幸いです。