|  ホーム |  作家一覧 |  商品紹介 |  九谷焼360年 |  注文方法 |  お問い合わせ  
九谷焼作家紹介
商品紹介
九谷焼の歴史
会社案内
リンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

なごみの湯呑

おいしさと使い易さにこだわった手づくり湯呑


健康維持に古来より多くの種類の茶が尊ばれてきました。日本でもお茶は毎日欠かせない飲み物です。 日本茶(特に緑茶)をおいしく飲むことを考えて、使いやすく愛着がもてる湯呑を考案し続けてきました。 『湯呑』も飲むお茶にあわせて、おいしく飲むことができる湯呑を選びたいものです。

手波反型

丸みを帯びながらも外に広がっていくデザインで、すっきりとしていながらもまっすぐな線でないため柔らかさがあります。この形は湯呑の淵がかえっており、凸凹もほとんどないので勢いよく口の奥のほうまで流れ込み,酸素を多く含み苦味を強めます。

ちょっと派手好きな人に!


手波深型

胴回りが少し内側にへこんでおり、下の方は丸みがあります。なごみ窯のスタンダード形状です。手作りの良さが引き出されており、持ったとき手にフィットし易く、下のふくらみが安心感、安定感を与えてくれます。 また、熱いお茶が冷めにくい形状でもあります。

スタンダード志向な方にお薦め


手波丸型

全体的に丸く、手波深型よりもくねりがすくなく、どちらかというと飯碗や汁碗に似た形です。 一服腕やたっぷり腕等とも呼ぶこともありますが、両手で持つと手の中にすっぽりと収まり「くつろぎのひととき」を陰ながら支えてくれる形状です。ヨーロッパではカプチーノやカフェオレなどを入れて飲むこともある多用途に使用できる形状ともいえます。

多趣味で好奇心ある方に!


直反り型

この形は直反り型と言い、膨らみを出来るだけ廃しすっきりとした新しい手作りの形を求めています。 手波反型と似て淵がかえっているため、酸素を多く含み苦味を強めます。

和風にも洋風にもあうモダンな形でどうぞ!

湯呑のご購入はyahooショッピング「STYLeNCE」で


N714-10

N714-11

N714-12

N714-13

N729-13

N714-14

N714-15


単身揃え

単身揃えとは、湯呑1ヶと飯碗1ヶのセットで、その名のとおり単身赴任や「マイ湯呑とマイ飯碗を揃えたい」と言われる方にオススメです。


N715-01  N715-02

N715-03  N715-04

N715-05  N715-06

N715-07  N715-08

N715-09  N715-10

N715-11  N715-12

N715-13  N715-14

N715-15  N715-16

N715-17  N715-18

N716-01  N715-02

N716-03  N715-04

N716-05  N715-06

N716-07  N715-08

N716-09  N715-10

N716-11  N715-12

睦揃

組飯碗と組湯呑のいわゆる「夫婦揃え」です。
夫婦が末永く仲睦まじくという意味で贈り物に最適です。


N717-01

N717-02

N717-03

N717-04

N717-05

N717-06

N717-07

N717-08

N717-09

N717-10

N717-11

N717-12

N729-08

N729-05

湯呑のご購入はyahooショッピング「STYLeNCE」で